おもちゃが好き!(´ω`)
そんな、30代ぱぱびです。

我が家には、戦隊ヒーローのロボット玩具が結構あります。

毎年必ず買っている訳ではないので、そんなに多くは無いのですが、直撃世代のおもちゃもとってあるので、そこそこの数です。

最近そんなおもちゃ達に2歳児のお子さんが興味を持ちはじめまして。。。

遊ばせてあげたいのはやまやまなのですが、かなり乱暴者なので、その勇気はなく。。。

特に直撃世代のおもちゃは、経年劣化しているので、ポロリする可能性も高く、また、安全基準も今とは違うので、誤飲とか指挟みとか物理的に危険なものもあります。

ちなみにそんなに大事にしてなかった(失礼)勇者エクスカイザーのウルトラレイカーは、試しに与えてみたところ、グリーンレイカーの前垂れがぽっきり折られてしまいました(;ω;)

悲劇は繰り返すまい!( `ω´ )

今回はそんな戦隊おもちゃコレクションからお子さんをどう守るか、そして、コレクション自体をどう守るか考えてみました(´ω`)


対策1  別の部屋に隔離!

まず、コレクションは子供の手の届かない所に保管するようにしてます。
お子さんの居室に置いてあると、何かの拍子に触ってしまう可能性があるので、部屋自体を分けます(´ω`)

こうすることで、お子さんの接触を防ぎます。

これが一番有効、というかこれが答えかもしれません。

そして分けた部屋には、こんな感じのカバーを付けるのが凄く効果的でした。

51OJ44DKOBL._AC_SL1001_

amazonで売ってる、ドアノブカバーです。
ドアノブよりも少し大きくなっていて、カバーごとしっかり握らないとカバーが空回りして、
ドアが開けられない仕組み。

我が家は少し築年数が古いので、この丸いドアノブタイプの物を使っています。
子供の小さい手ではドアノブが握れないので、絶対に開けられません!

これはかなり便利。

我が家ではコレクション部屋だけではなく、入って欲しくない場所(脱衣所とか)
にも付けています。

対策2  戸棚に仕舞う

次に、扉のついた棚に仕舞って、物理的に触らせないようにする方法です。

これもお子さんの接触を考えると、かなり有効です。

ただ、ガラス扉のように、姿が見えちゃう扉は、お子さんが「出せ出せ」と煩くなりますし、力任せに扉を開けようとして、怪我する危険もあります。

なるべくなら中身の見えない戸棚に入れとくのが良いですね(´ω`)

対策3  存在を知られないようにする


その存在を知られないようにするのも有効です。

居室を分けようが、仕舞おうが、どこかにあると分かると、出せ出せが始まります。

自分で探しに行ったりもするので、かなり大変。

その存在を知られず、そして隠し通すのが有効な方法かもしれません。


いつか一緒に遊べる日まで

いつか一緒に遊べる日が来ると良いなと思いながら大事に取っておくことにします。

でも大きくなったら、サッカー少年とかになっちゃって、ロボ玩具なんか全く興味を持たなくなってもそれはそれで寂しいですね。

そんな事を思いつつ(´ω`)

おわり