IMG_5848
※実際の写真(´ω`)

ぱぱびでございます(´ω`)ノ


一歳の記念日、そんな素敵な日を写真に撮っておきたいもの。
先日我が家では、少し奮発してバースデーフォトを撮って来ました(´ω`)


行ったのは、ベネッセがやっている「たまひよの写真スタジオ」というスタジオです。


今回はその体験談です。


たまひよでバースデーフォトを撮りたいと思っている方に参考になれば嬉しいです(´ω`)


1.たまひよの写真スタジオってどんなスタジオ?


まずは、たまひよのスタジオってどんなかご紹介です(´ω`)


①スタジオの紹介


たまひよの写真スタジオは、「こどもちゃんじ」なんかでお馴染みのベネッセが運営している、写真スタジオです。

公式サイト:たまひよの写真スタジオ



名前もあの「たまひよ」という雑誌から取っているよう。


関東圏を中心に、18店舗(2019年3月現在)展開されています。
写真は自然光を取り入れたナチュラルな仕上がりが売りだそうで、プランにもよりますが、4シーン程度撮影して貰えます。
撮影も、記念日の撮影、七五三をはじめ、マタニティーフォトなんかも撮影して貰えます。
あのしまじろう先輩と一緒に写真が撮れる「しまじろうプラン」なんかもあります(´ω`)


②費用は大体30,000円くらいから


費用は、撮影とデータのお渡しで30,000円くらいからです。
我が家では、通常プランの撮影だったので、29,500円(税込31,860円)のお支払いでした。
撮影時間は大体60分程度。
貰えるデータは75枚以上だそうです。
今回、バースデーフォトをするにあたり、色々なスタジオを探したのですが、料金に関して言えば安い方だと思います(´ω`)


オプションでフォトブックなどを付けるとそれなりに良いお値段になりますが、自分で手配する手間を考えると全然ありです。


③撮影はスタッフが2人1組でやってくれる


撮影はカメラマンさんと、お子さんを盛り上げてくれる人の2人1組で行ってくれます。


公式サイトによれば、スタッフ教育に力を入れているようで、なんと100時間の研修を行って実際の業務にあたるようです。
実際、かなり手慣れた動きで撮影してくれました。

④スタジオの雰囲気も色々



スタジオの中も色々な雰囲気で撮影できます。
木の暖かみがある部屋とか、白い壁で柔らかい感じの部屋とか(´ω`)


たまひよのスタジオは大体ビルのワンフロアを使っている所が多いと思いますが、そんなことは感じさせない、自然光を活かした写真を撮って貰えます。


ハウススタジオのように、一軒家を使った所だと、庭の木が映ったりとか、より自然を感じられる絵作りが出来ると思います。
そういった写真が希望なら、そちらを選ぶのがオススメです(´ω`)ノ


2.申し込みから当日まで


ここからは実際に行ってみた体験談です(´ω`)
まずは、申し込むところから当日まで。


①まずは申し込み


奥さん「一歳記念にバースデーフォトを撮るのだ」
ぱぱび「御意」



というわけで、バースデーフォト計画を進行した我々。
まずはスタジオ選びから始めたのですが、なかなかの苦戦……。



というのも、関東圏のスタジオは結構直近は埋まっている事が多かったです。
人気のところは本当にすぐ埋まってしまう為、予定が立ったら少なくとも1ヶ月半位は余裕を見た方が良いです


空いている所は金額が高い所が多くて……。



そんな中見つけたのが、たまひよスタジオでした。


家から近い所にスタジオがあったのと、探した中ではリーズナブルだったのと、写真の感じも良さそうだったので、ここに決定。
早速申し込みます。


申し込みはWEBの予約フォームからしました。
希望の撮影日に予約可能か、画面ですぐに見られるので分かり易くて良いです。
確認したら、時間も日取りも問題無かったので、そのまま申し込み。
当日に備えました。


②当日の持ち物


当日はこんな感じで持ち物を用意(´ω`)


①お洒落用の服

お子さんのお洒落用の服を持っていきます。
普段着ている服も撮影用に使えるようで、一番お洒落であろう服を1枚持っていきました。


②ミルクとおやつ

間食用のミルクとおやつを持っていきました。
行く前に通常のお昼を食べてからにしましたが、すぐにお腹が空いちゃうみたいなので、念の為。


③お気に入りのおもちゃ

お気に入りの玩具も持っていきました。
うちのお子さんはガラガラを。
お気に入りのおもちゃとも一緒に撮影出来るようで。


④おむつ

言わずもがな、おむつです。
おしりふきは会場で貸してくれるみたいですが、一応持って行きます。
おむつも会場で捨ててくれます(´ω`)


③当日の両親の服装


当日の我々の服装ですが、家族写真もあるようで、シャツとか、綺麗目の恰好で来るように指示がありました。
別にスーツ着用までは言われないですが、それで撮りたい人はその方が良いかもです。

僕と奥さんは綺麗目の恰好で(´ω`)



3.撮影当日のこと


ここからは当日のことです(´ω`)

①スタジオ到着

当日になり、家族で向かいます。

我々は池袋のスタジオに行ったのですが、一見して分かりにくい感じのビルに入っています。
インターホンを鳴らして入るのですが、予約時間ぎりぎりにならないと入れないよう。
少し早くついたので、周りをウロウロしながら待ち、時間になってインターホンをプッシュ。



すぐに係の人が来て案内してくれました(´ω`)



店内はシックな感じの作り。
すぐにスタジオの方に案内されます。


②撮影前の事前準備


まずはスタジオに着くと、本日のプランとか、衣装の選択とか色々します。
プランは通常撮影のプランにします。
衣装を選ぶのですが、思ったより少ないかも。
男の子なので、仕方無いですが。
余談ですが、女の子の服は種類も多いし、可愛い物も多いですよね?ずるいなと思いながら(´ω`)
ひとまず可愛いスーツにします。

衣装を選び終わると我々の身支度。
スタジオを出た姿見で身だしなみのチェックです。

そしてお子さんの着替え。
布団を用意して貰い、着替えです。
着替えをしていると。おむつが濡れていて交換。
おしり拭きなど貸してもらえるので、良いです。


③撮影開始


そんなこんなで撮影開始です。
まずは家族写真から。



家族3人、僕とお子さん、奥さんとお子さんの組み合わせで撮ります。
寄り添う感じのポーズを指定され恥ずかしい。



場所見知りするのか、お子さんの機嫌もあんまり良くなく。
スタジオの人が必死にあやしてくれるもあまり効果なし(;ω;)



終始むっとしているお子さん。
奥さんには笑顔なので、必死にあやす奥さん。

写真1

私とお子さん(´ω`)



そうこうしている間に家族写真は終了しスタジオを異動して、次の撮影に。



今度はお子さんだけで撮影。
まずはケーキのオブジェと一緒に撮影。

写真2

似顔絵が寝てるのでアホの子みたいです。

ナイフとフォークでケーキを食べる仕草をしてみたり、色々な仕草で撮影します。
その間もお店のスタッフの方があやし続けてくれます。
大変な仕事……(;ω;)

その後も木琴で遊んだり、おむつ一枚で撮影したりしました。
お子さんもだんだん場所や人になれてきたのか、終わりの方はニコニコで過ごしていました。



とにかく終始あやし続けて、僕も奥さんもぐったり(´ω`)


撮影終わり、お子さんの着替えをして終了です。


⑥撮影後


撮影は予定通り60分程度で終了。
お子さんも疲れたのか、少し眠そう。



別室に通されてその日の写真をすぐに見せてくれます。
早い。

タブレットで見せてくれるのですが、結構いい写真が多くて満足です。



フォトブックなんかはこの時に注文してしまいます。
我々は特に必要無かったので、頼みませんでした。



データはUSBに入れてくれます。



場所によってはデータのお渡しも有料だったりするところもありますが、こちらはちゃんと料金に含まれています。


4.という訳で体験談でした。


たまひよの写真スタジオで写真撮影した体験談でした。
用意されていた衣装がやや少なかったのが残念でしたが、それ以外の所では特に不満も無く満足でした。



関東圏で写真スタジオをお探しの方、たまひよの写真スタジオ、オススメでございます。



おわり